HSP搭載 そよ風エンジン

HSPなワタシがいろいろ叫んでみます

駄文

職場のブログに、物価高とお客さんに感染者多くて
売上減って感じの話を書いたら
ま~、情報商材とか営業向けブログやってる人の足跡が
わんさか残っている。
相互登録しませんか?の誘いも同時に急増する。

数撃ちゃ当たる営業方針なんでしょうけどね
登録はお断りしてるけども
逆に、その営業目的の方々は、ワタシのブログネタに
釣られてるのよね。
商材売ろうとして、騙されちゃう人も中にはいるんだろうな~って。

そういえば、職場の営業電話も結構あって
大半が、着信お断りの電話機能を使って受けずに済んでるんだけど
ホームページあるのに、サイト作りませんか?とか
電子カルテにしません?みたいな内容。

早口で会社名名乗って、よく分からないまま
説明聞こうって気持ちにはならないんだけど
マニュアル読みながら営業電話って大変だなって思う。
まず、2分くらいで電話切られるからね。


いくつか職場変えてきたけど、いろんな職業ってあるのねぇ。
そうなると、法に触れなければ、何でも仕事になるかもってことか。

自分が学生の間に、その幅があることを知りたかったかな。

『1つの職業を続けるのが美徳』と言う人が多い
環境にいたんだと思うけど、時代の変化なのか
現在では全く畑違いの職業に就く人も多いし、転職回数も多い。


相変わらず、仕事って何なの?って分からないや。
意味を求める事が、間違ってるのかね。

ヒトの分からぬ所

先日、知人から『なんで、人を避けるのよ』とか『人との距離感があるのは何?』と
聞いてきたので、きっかけとなった一部を話した。

・『今度、遊びに行こう』と言うので『いつですか?』と聞いたら
時間が取れたらと、そもそも都合がつかない曖昧な誘いをして、その後何もない

・ライブチケットが余ったから、一緒に行く約束をしておいて
『他のファンの人がどうしても行きたいから、代わってくれないか?』と
初めから、その人を誘っておけよ!と、人の気持ちを踏みにじられた。
仮に、自分がライブに行ったとして、譲らなかったことを
責められることが分かっていた


出来もしない約束や期待させといて落とされることを
それなりに体験してて、相手が『仕方ないだろ』という言い方・態度をされると
対人拒絶の状態になるので、他の人々に対しても、どの程度の距離感で
接するものなのか、あまり分からないことがある。

また、相手が本音で言ってるのが分かってても
褒める内容は、警戒する。
コチラに頼み事や利用しようって、企んでいることが多かったから。

いい人扱いを昔受けてたんだよ。でも、それは『都合のいい人』って
言われて気付いてパシリと同じで、お礼も言われること等ないし
ホント疲れたんだよ。


自分がね、お世話になった方々に対しては、頼まれた内容には
最善最速で対応するし、協力も惜しまない。

歌の歌詞にあるように

良い人ばかりじゃないけど、悪い人ばかりでもない

それも分かってんだよ。

自分がね、人を信じ過ぎる所が良くないんだよ。

『この人は、大丈夫なんじゃないかな』

って、思った人ほど、人の形をした別な存在で
なんでこんなのが、この世にいるんだ!って
そう言い切っても問題ない存在って、すごく多いんだ。


大半の人が気にならないことが、気になってしまうワタシからすれば
世の中の当たり前は、不思議でしょうがないところがある。

思って書いて、書き過ぎて。

相当久しぶりに感じた小さな達成感。

仕事以外での話なんだけどね、テーマに沿った内容で文章を書くというのを
見つけまして。ただね、締切残り1週間。

ギリギリまでやってみて、間に合わなかったら
このブログにでも分割して載せるか?くらいの軽い気持ちでね。

2日間くらいネタと構成に時間かかって、仕事の合間、4日間くらいで
1万文字をどうにか仕上げて、ネット投稿。

ただ、こういうのは初めてのことだし
自分の書く文章ってのは、幅広い層に読んでもらうことがないので
評価は、よく分からない。

このブログでも、読まれている方々がどういった層と言われると
アクセス履歴から、そんな年齢層は分からないので

     多分、大人?

くらいしか推察できない。


しかし、ネタなり、テーマが決まってしまうと
どうにか文章が書けるようになった。ウケるかは不明。

このHSPブログの場合、結構ボツネタが多い。
そういうのも気にすんなって話なんでしょうが
ぶっちゃけすぎてる内容でして、顔見えないからって
そこまで個人を晒さなくてもいいのに、書き過ぎている。

ネタの境界線もキッチリ引かないと、個人が曖昧なんスかね。

言葉の解釈

以前は、知的な話をされる方々と会話がとてもためになって
面白いと思ってたんだけど、最近になって、その方々が言う内容が『?』と
疑問を持つようになった。

そういう受け取り方するの?と言葉の解釈がズレだしたことが
ワタシとしては、すごく変に思ってて。

決定的だったのが、以下の世間話してた内容。

「"痩せたい"という相談受けると、案外おやつ食べてて
それ減らせば痩せますよって、正論を言ったりします」

「正論は、その人自身が正しいと思っているだけの意見


相談受けたから返答した世間話であって、コチラの意見を押し付けていると
捉えられると正論という言葉自体、使ってはいけない言葉のよう思える。

合わせて、『常識』という言葉も結構危険。

「あの人は常識がない」

と言えば

人によって常識の幅は違う

そんな返答される。
会話を切られているので、その後、もちろん話す気はなくなる。

他人にどう思われようが、その人自身の意見・考えを通したいのだろうと
解釈するが突き抜けている方々は、周りがついてこなくても
構わない所があって、孤立しようが全く気にならないように思われる。

過去職場の時、突き抜けた人と、話についていけない人の間に
立つことが度々あり、言いたいことを通訳しながら
間を取り持つ場面があった。

双方が『もう少し会話を成り立たせてくれよ』と思っているが
歩み寄るには、とても壁があった。
一方は、理詰めで話され、他方は、噛み砕いた理解しやすさを求める。

人それぞれ、見ている世界が違うんだよなぁ。



自分が見ているのも、また異なるのかぁ。

ヘトヘト

久しぶりにネット通販にて『HSP』の書籍を検索してみれば
また、さらに増えてて、まずはそういう人がいることを
知ってもらうことが大事で、そこから理解ある人が増えればと思う。

実際は、偏った見方する人も増えるわけでして。


HSPのブログとしてやってるけど、たまたまこのブログ見た知人から

HSP特有のこと書いてないんじゃないか』

と言われまして。


あのね、以前も書いたし、知人にも言ったんだけど
HSPの方々がすでにやってるので、同じことやっても
『ブログ内容、似てますね』で終わるのよ。

HSPな人が日常をもがいてたり、ワタシなりの目線で思うことや
興味あることを書かないと、普段が気にし過ぎて個性を出しにくい中
文章だと、もう少し自分を出せるのでは?って。


ま、ジタバタしてんのよ。


HSP書籍ね、メリットを教えてくれる本は買うよ。
こーですよね、あーですよね、大変で凹んじゃいますよね
その手の同情っぽいものは、すでに持っているので新刊で出ちゃうと
レビュー読んで、目次見て、次の方にお渡ししますってなる。

また、改めて『ぅゎ~、やっぱりHSPなんだよ、自分』と本やネット情報で
再認識すると、どの行動も
HSPだからこんなことやっちゃう。だから止めよう』
と、制限し始めて、がんじがらめになってしまった。

だからね、人が少ない所で、自分自身を野に放たないと
普段が、拘束具を装着して、その辺で、モニョモニョもだえつつ
頭打ちつけてんだよ。

それぐらい、ささいなことが気になり過ぎる。
ただ、自意識過剰とはちょっと異なる。
他人の目ではなく、自分自身が、自分を見て抑える感情が湧くことがあるので
対処法を探したりするんだよ。


ん、疲れてるなw



自意識過剰
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E6%84%8F%E8%AD%98%E9%81%8E%E5%89%B0

台風接近中

台風が数年ぶりに住んでる地域がしっかり通過地点でして
しかもノロノロ移動してるので、半日は、雨風強い状態なんだろうと考えてる次第。

現時点では、まだ接近中の段階で書き込んでいるんだけど
風は、すごく強い。
停電対策のLEDランタン等は準備して
養生テープで窓ガラスに貼ってます。近所の方々は、新聞のたばやダンボールで
ガラスを補強しつつ、テープを貼っておられた。

過ぎてしまって被害が大したことなかったじゃん、って
こういう災害に対しての取り越し苦労は、全く問題ないと思う。

小さい頃は、台風が来れば、大体停電していて
現在のような携帯型照明器具が選択肢が少なかった。
こういう時に、現在の電線等、電力会社の技術進歩や早急な対応が
停電時間が短くなったわけで、世の中、目立たない所で活躍されている方々が
いるんだと感じ、日頃の地道に活躍するヒーローに感謝せねばって思います。

ありがとうございます。

定例参拝

たまたま15日が休みだったので、神社へ15日参りに行ってきた。
月イチ参拝は、天候次第でなるべく行ってるんだけど
今回は、何かと大変な状況だったので、それの報告と
無事解決した御礼を伝えるべく
ワタシの中では『どうしても行かねば』感があった。

この9~10月というのは、普段行く地元神社だと、小さい神社で木々が多いので
非常に蜂が活発で危険で、大きめの神社に伺うようにしている。
8月に地元神社へ伺った時も、おみくじ引いてたら、蜂が接近して危なかったのよ。
匂いがするものは、肌につけないし、白い服着てったんだけどさぁ。


で、健軍神社行ってきました。
平日だけど、やはり駐車場が空きが少なく、家族や赤ちゃん連れだったり
さまざまな祈願やお祓いをお願いする人々がおられた。

本殿を撮影する人もいたけど、人が多かったので
大きな木と空を撮ってみた。



『なんで、あんなことなったんだろう』とは、やっぱり思うし、考える。
また、別件で動き出すための下準備が済んで、あることに挑戦する。
残っているのは登録だけ。どうなるか分からないので具体的に書けないけど
珍しく、面白いと思えた。順調に行けば、報告したいと思います。





ja.wikipedia.org

www.kengunjinja.jp